急性腎炎の症状や原因

急性腎炎の症状や原因

腎臓病の1つである急性腎炎について紹介したいと思います。
腎臓の糸球体に炎症が発生し、腎臓機能が急激に低下することが原因で発症します。
腎炎は細菌感染症が起因になることがほとんどで、特に溶血性連鎖球菌の感染が多く見られます。
上気道に感染して喉の痛みを確認した後に、急性腎炎が発症するケースが一般的です。
症状はたんぱく尿、血尿、尿の量が少なくなる、高血圧、むくみ、全身の倦怠感、頭痛などです。
「急性」なので、激しい症状に見舞われることがほとんどです。
症状の血尿ですが、尿が赤褐色になるので、見るからに血尿であることがわかります。
腎炎と聞くと何となく成人がかかりそうな印象を受けますが、急性腎炎は小さい子どもがかかりやすいという特徴があります。
溶血性連鎖球菌の感染によるものの場合は、治りやすいとされており、できるだけ安静にして薬物療法と食事療法によって治療されます。
腎臓機能が低下している場合は安静にしなくてはいけません。
状態を見ながら降圧剤や利尿剤、抗菌薬が投薬されることになり、たんぱく質やカリウム、水分、塩分量の摂取が制限されます。
だいたい数ヶ月で完治することがほとんどですが、治ってからも定期的に尿検査をしなくてはいけません。