腎臓癌とは

腎臓癌とは

腎臓癌とは腎臓に癌ができている状態であり、腎細胞癌とも呼ばれています。
腎臓癌は尿を作る尿細管の中にある細胞から発生します。
男性のほうが女性よりも腎臓癌になりやすい傾向にあり、腎臓細胞癌が90%を占めているものの、小さい子どもがかかるウィルムス腫瘍、別名・腎芽腫もあります。
腎臓は2つ存在しているので、いずれかの腎臓に癌ができることが多いものの、左右両方に見られる場合もあります。
腎臓癌は自覚症状がない場合が多く、癌が大きくなって血尿が出てから発覚することも珍しくありません。
症状が出てくる頃には癌が進行していることが多いので、早期発見が困難とされてきました。
しかし近年では超音波検査やCT、MRIなどの画像診断が発達してきているので、早期に発見することが可能になってきました。
技術や医学が発展しても、未だになぜ腎臓癌が発生するのかという明確な理由は判明していません。
一般的な治療方法は手術です。
腎部分切除術や腎摘出術など様々な手術方法があり、癌と患者の状態によって適切な手術方法が選ばれることになります。
早期に発見することが大切なので、自覚症状がない場合でも定期的に画像診断などの検査を受けることをおすすめします。