慢性腎盂炎と急性腎盂炎

慢性腎盂炎と急性腎盂炎

尿路と尿管というものは基本的に無菌状態になっています。
ここに細菌が入って増殖し、腎臓に炎症が起こると腎盂炎となります。
腎盂炎には慢性腎盂炎と急性腎盂炎があります。
慢性腎盂炎は急性腎盂炎が治らず、腎臓の内部にまで進行し、慢性化した状態です。
症状は微熱、腰痛、全身の倦怠感などで、急性腎盂炎のような激しい自覚症状がありません。
急性腎盂炎の他にも前立腺肥大や腎結石などで尿がうまく出なくなり、これが原因で慢性腎盂炎になるケースもあります。
治療方法は抗生物質が使われ、長期に渡って治療を行うことになります。
急性腎盂炎は膀胱から尿管へと尿が逆流することで炎症が起き、感染症を伴う病気です。
抗生物質を使って治療が行われ、抗生物質の効きがよければその分、治りも早くなります。
しかし、症状が治まったらといって油断できません。
完治しない場合は慢性化する恐れがあるので、完治するまでは治療を中断しないことが大切です。
症状は悪寒、発熱、背部痛です。
慢性腎盂炎と比べて症状がわかりやすいという特徴があります。
腎盂炎の治療は早ければ早いほど治りもスピーディーなので、異常が見られた場合はすぐに病院で検査を受けるようにしたいところです。