腎結石と尿路結石

腎結石と尿路結石

腎結石と尿路結石という病名を耳にしたことがある人は多いかと思います。
腎結石とは、腎臓に石ができる病気であり、尿路結石は尿の通り道である腎臓の腎盂や腎杯、尿管に石ができます。
腎結石は突然痛みが訪れ、食生活が原因の1つだと言われています。
特に、血中に尿酸とカルシウムの濃度が高い場合、結石ができやすい傾向にあります。
女性より男性のほうがかかりやすいと言われています。
腎杯や腎盂あたりなら結石ができても大きな症状はないのですが、尿管に結石が通る時に激しい痛みと血尿が伴います。
砂くらいの小さいものから、ゴルフボールくらい大きな結石もあり、結石の大きさによって痛みが変わってきます。
結石を外に排出する治療が行われ、輸液によって排出を促進させます。
痛みが伴うので鎮痛剤も使用され、悪化している場合は入院が必要になります。
中には超音波によって腎結石を粉砕する治療がありますが、近年では溶かして除去する治療方法の研究が進められています。
結石を予防するためには水分をしっかり摂ることが大切です。
尿路感染症は尿素が細菌によって分解されてアンモニアに変化し、結石ができる原因になるので、発症させないように注意したいところです。