腎臓病の種類と原因

腎臓病の種類と原因

国民病として新たに慢性腎臓病も挙げられるようになりました。
腎臓病そのものは多くの人が知っている通りで、腎臓病患者の数がどんどん増加しています。
早期に腎臓病を発見して治療を受けさせすれば、そこまで恐ろしい病気ではありません。
昔は不治の病と言われていた腎臓病ですが、今では医療技術が進み、病気の進行速度を遅くしたり、人工透析も可能になりました。
腎臓病は腎臓の機能が低下することによって引き起こされ、毒素や老廃物をスムーズに排出できなくなります。
また、体内の水分量をコントロールすることも困難になるなど、様々な不調を招くことになります。
また、糖尿病患者も発症する確率が高く、高血糖の状態になっている為、血液がうまく浄化することができなくなります。
人工透析を受けている患者の4割が糖尿病性腎炎が原因とも言われています。
腎臓病と一口にいっても様々な疾患があり、慢性腎臓病もその1つです。
糸球体に異常が発生すると慢性腎臓病になり、健康診断などで尿検査を受けた時にたんぱく尿が確認されると、慢性腎臓病が疑われます。
検査をして初めて気づく人も多く、腎炎ならば原因ごとに治療方法が変わってきます。
糖尿病性腎症も近年増えている腎臓病です。